プレスリリース

沿革

会社のルーツ

1985年にアメリカ中西部の農場で産声を上げたGatewayは、世界有数のテクノロジーブランドへと成長を遂げ、数百万人のお客様にご満足いただいています。祖母を保証人として1万ドルの融資を受け、レンタルのコンピュータと3ページの事業計画書で事業を始めた創業者のテッド・ウェイトは、その革新が技術産業の形成に貢献した革命的な会社へとGatewayを成長させました。

成長

Gateway(旧称Gateway 2000)は1991年、農場で産声を上げたそのルーツを象徴する独特の牛柄の箱を導入し、全米で高い称賛を浴びました。1993年にはフォーチュン500社の仲間入りを果たし、NASDAQに上場。その後1997年にはニューヨーク証券取引所に株式を移行しました。翌年、Gatewayは本社をサウスダコタ州のノーススーシティからカリフォルニア南部に移転しました。

eMachines社の買収

2004年3月、Gatewayは世界で最も急成長しており最も事業効率の良いPCメーカーの一つであるeMachines社を買収しました。パーソナルコンピュータのeMachinesブランドは、受賞歴のあるサポートと高い品質を低価格で提供しています。

Gateway Today

Acer Groupへ

2007年10月、Gatewayは台湾を拠点とするAcer Inc.に買収されました。その結果、Acerは世界第3位のPCメーカーとなりました。

チャネル戦略

同社のブランドは、アメリカ、メキシコ、カナダ、日本、中国における主要な小売業者、eテイラー、チャネルパートナーを通じて販売されており、その市場はアジア太平洋地域に拡大しています。

継続的使命

Gatewayはお客様に便利でトラブルのないPCの購入、所有、使用の体験を提供できるよう、力を注ぎ続けています。新たな地平に進んでも、Gatewayはテクノロジーによって人々の生活を豊かなものにするという当初の目標に向かって変わることなく献身し続けて参ります。